読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長渕はFNSで「うたよ残れ」と言ってたけど

どんどん商業主義的な中身のない歌ばかりになってますね。

今週のお題「カラオケの十八番」

十八番だったのは、井上陽水の少年時代や玉置浩二の歌でしたが、

十八番にしたいのは、RCサクセションの「あきれて物も言えない」か、伊右衛門もといイエローモンキーの「TVのシンガー」ですね。

「歌いたい歌が歌えないから、日本にはROCK(の心)はない」と言ってた清志郎の時代より、歌える歌が少なくなったように思う。もうすぐ清志郎の生誕日・命日ですが、宇野常寛など小金稼ぎの腰抜けコメンテーター・MCに、ROCKや清志郎の事を語って欲しくないものだ。